なんてことない、人生

ひとりの人間のなんてことないまいにち

6月の扇風機

 

気付けば6月。

 

 

とっても楽しみにしていた予定があり

その為に一週間頑張った。

 

けどまさか風邪引いて熱出して

行けなくなるなんて

予定を約束したときは思わなかった。

 

 

普段滅多と風邪引くこともなく

季節の変わり目には少し弱いくらいで

ここ数年も熱なんて出たことなかった。

 

ある人からビタミン不足だと言われ

確かにそれは思い当たりがある。

自炊していてもバランス良く

食事を摂るのはなかなか難しい。

 

とはいえ、どちらかというと

ごく普通に仕事をしていて

はっちゃけることもなく側から見ると

 “ 無 ” みたいな感じでいるはずなのに

何かをとっても頑張っているわけでもないのに

それでも熱が出るんだと思った。

 

仕事を休むのは嫌なので

次の日が土曜日だったのが救い。

 

ただこの土日に風邪を治さないといけない為

薬や飲料水を買いに行かなければならなかった。

こういうとき一人って辛いなと思った。が

熱があっても動けるのは動けたし

誰かに無理に頼むより

結局は自分次第でなんとかなる。

 

 

火照った身体に服を着て買い出しに。

外に出ると吹く風が気持ちよかった。

薬と水といつも体調崩したら買うポカリスエット

あと軽く食べられるゼリーとアイス。

 

 

帰宅し軽くそれらを食べ薬を飲み

ベッドの上に横になる。

熱があるからなかなか寝付けやしないが

保冷剤を冷えピタ代わりにし

おでこや首裏を冷やすと気持ちがいい。

 

 

気付けば3時間程眠っていた。

 

起きたら身体は火照っておらず

熱が抜けていったようだった。

 

ただやはり年齢を重ねるごとに

少し治りが悪い気もする。

昔だったら市販薬飲んで寝たら治っていた。

特にかかりつけの医者とかがないから

今も市販薬で済ませてはいるが。

 

 

 

ふと思う。

 

常に健康で元気でいられることが

一番の幸せなんだと思う。

 

それでいてさらなる幸せが

きっとどこかにあるんだろうと。

 

 

 

 

この時期の夜中の扇風機は

本当に気を付けないといけない。